転職は自分自身のステップアップです。

転職を決めてその旨を上司に伝える場合は、周囲の人物には退職することを漏らさないことが大切です、

転職は自分自身のステップアップです。

転職先が決まってから退職までの流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動は退職する旨を上司に話す前から行うことが一般的ですが、周囲には退職することを悟られないことが大切です。退職することを知られてしまうと、どうせ退職する人物だと考えられて仕事を廻して貰えなくなったり、嫌な目で見られる可能性があります。

また、有給休暇制度が導入されている場合は、有給消化をして退職となりますが、円満に退職をしなかった場合は会社の意向で有給消化をさせてもらえない場合があります。退職時のトラブルの元になるので、転職中に無駄なトラブルを起こさない為にも、円満退職をするように心がけましょう。退職の旨を上司に告げれば、周囲の同僚や後輩にも伝えることになります。しかし、会社の意向で退職の直前まで周囲には漏らさないようにする場合があります。これは、もうすぐ退職する人物と一緒に働くことによって、他の社員のモチベーションが下がってしまう可能性があるからです。無闇に周囲に漏らすことで自分が嫌な思いをする可能性もあるので、必ず最初に上司に相談して指示を仰ぐことが重要です。また、転職先が決まる前に退職することになった場合は、保険の切り替えなどの手続きも行うことになるので、手続きをまとめておきましょう。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.