転職は自分自身のステップアップです。

転職は人生に何度もすることは無いので、企業の将来性を見極めてから応募するか決めることが大切です。

転職は自分自身のステップアップです。

企業の将来を見極めてから転職をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職は人生に何度も経験することはありません。会社にとって欠かせない人材になることが出来れば、ヘッドハンティングや自ら転職を志して多くの会社に勤められますが、極一部の人物しか出来ません。一般的には30代での転職は難しくなっていくので、何度も転職出来ないことが実情です。

その為に、業績悪化によって給与が下がって再度の転職を強いられるようなことにならない為にも、企業の現在の業績や将来性を見極めることが大切です。株式会社であれば業績が公開されているので、グラフを見てどういった推移をしているか確認しましょう。著しく業績が上がっていたり下がっている場合は、その年の出来事を調べてどういった影響を企業にもたらしたのか調べましょう。業績の変動理由まで調べることで、企業の将来性が見えて来ます。主力商品の需要を調べて、これから先どれだけ通用するかを見極めることが大切です。また、取引先の企業の事を調べることも重要です。大企業と取引を多く行っている場合は、それが命綱になっている可能性があります。大企業と言えどもいつ業績が悪化するかわからないので、取引先の企業の将来性も含めて総合的に判断して転職を決めることが重要です。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.