転職は自分自身のステップアップです。

多くのIT系の会社ではお客様に常駐するスタイルを採用しているので、転職の時に食い違いが発生しないよう注意です。

転職は自分自身のステップアップです。

IT系の会社に転職をする時は勤務形態に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

普通の会社では採用される事で特定の場所に通勤することがほとんどになります。転勤などもほとんど発生せずに、同じ仕事場で長い間仕事を行う事ができます。しかしIT系の会社に転職する時は正社員という立場でも客先常駐スタイルを採用している事がほとんどです。会社によっては同じ会社の社員をほとんど知らない状態で仕事をしなくてはいけない場合もありますので注意してもらいたいです。

社員をきちんと守ってくれない会社の場合には仕事があまりにも厳しい派遣先に飛ばされてしまって、心身ともに大きなダメージを受ける場合があります。生活するにも一苦労になってしまって、失ってしまうものがとても多いです。IT系の一流企業の場合には客先常駐ではなくて、自社開発を行っている事がほとんどです。同じ場所で働けることがほとんどなので、現在プログラマーやシステムエンジニアとして活躍されている方に重宝されています。

客先常駐スタイルの会社はある意味派遣先の会社によって、運命が左右されやすいです。決して悪いというわけではないのですが、知らないととんでもない事になるので注意してください。中には客先常駐スタイルを好んで探している方もいます。IT系の会社に転職する時は勤務形態を確認するようにしてください。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.