転職は自分自身のステップアップです。

残業時間の長さを苦に転職を決めた場合は、自宅に仕事を持ち帰っている企業は避けて選ぶことが大切です。

転職は自分自身のステップアップです。

残業を苦に転職を決める場合の準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職を志す理由としては、キャリアアップや給与の引き上げや労働時間の減少が挙げられます。この中でも、残業時間が長い為に転職を志す場合は、転職に失敗しないように事前準備が必要になります。クチコミを見れば月の平均残業時間が記載されていることがありますが、実際には自宅に仕事を持ち帰ってサービスで仕事をしている可能性があります。これは労働基準法に違反している行為なので、会社は表立って好評はしませんが、そういった部分をクチコミや求人概要から読み取ることが大切です。

業績が上がっている企業であるのに少人数であれば、一人一人の労働時間が必然的に増えていきますが、残業が非常に少ない場合は自宅に持ち帰って仕事をしていることを疑うことが大切です。業績と社員の数と労働時間を見比べて、妥当と思える数字の企業を選ぶことが重要です。また、面接で労働時間が少ない理由を聞けば、自宅に持ち帰って仕事をしていることを聞ける可能性があります。企業としても雇ってからすぐに退職されてしまえば、時間とお金の無駄になります。そういったことを避ける為にも、面接で解決させておくことを望んでいます。慎重に企業を選んで、転職を成功させられるように下調べが重要です。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.