転職は自分自身のステップアップです。

私が塾講師から転職した理由は、ずっと塾講師の世界しか知らないと、自分の引き出しが少ないと感じたから

転職は自分自身のステップアップです。

私が塾講師から転職した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は今までに一度だけ転職しました。基本的には同じところにずっと居続けるのが好きなタイプなのですが、どうしても転職をするべきだと思ったのです。以前に仕事をしていたのは学習塾で、大学入学と同時にアルバイトを初めて、まず四年間しました。担当していた科目が国語で、一定の知識を教えるのではなく、毎回違う文章に相対してどう読み、解いていくかという過程を教えるのが楽しく、自分なりのノウハウみたいなものが出来上がっていく実感を得ました。

それをきちんとわかりやすく伝えられるという手応えを得たのが大学四回生のときで、私はこのまま辞めてしまうのは残念だという気持ちになり、そのまま講師として雇ってもらい、その後六年間、計10年間を国語講師として働きました。

しかし、その10年の間に子供の質も変わり、ずっと塾講師としてしか働いていない自分には引き出しが少なく、子供たちに勉強だけでない人間として大切なことを教えるには、外の世界を見なければいけないと思いました。そうして、転職をして、今の会社で働いています。今の会社は簡単にいうと広告営業で、いろんな企業の経営者、つまりたくさんの大人と触れ合える仕事です。いつか、この経験を活かして教育業界に戻りたいと考えています。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.