転職は自分自身のステップアップです。

異業種への転職を志す場合は、出来るだけ多くのスキルの共通点を見つけ出して、面接を有利に進めることが大切です。

転職は自分自身のステップアップです。

異業種への転職はスキルをどう活かすかが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

違う業界への未経験での転職は非常に難しいので現在取得しているスキルを活かせる業界を選ぶことが大切です。例えば接客業をしていれば営業職への転職は見込めますが、製造業への転職は難しいです。これは仕事で必要なスキルに共通点が無いからです。

接客は客相手に仕事をして、営業職も会社を相手に仕事をします。接客という点では共通しているので、接客経験者であれば営業職で即戦力になれる可能性もあります。しかし、製造業は技術の取得が必要なので、今まで会話術だけで仕事をしてきた業種では、製造業では即戦力になりえません。転職をする際には出来るだけ仕事内容が近い業界を選ぶことが、転職成功の秘訣です。全くの異業種への転職を志すのであれば、最低でもその業界でニーズが高い資格を取得しておくことが大切です。そして、少しでも必要とされるスキルの共通点を見つけ出して、面接で説得力のある回答をすることが重要です。全くの未経験であっても、人手不足であれば異業種間の転職も成功する可能性があります。その際に資格を取得していれば、働く意欲が強いことをアピール出来ると共に、新しい業種への挑戦には努力を惜しまないことを面接官にわかってもらえます。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.