転職は自分自身のステップアップです。

転職は5年を節目に考えることが大切です。昇進時に賃金交渉をして不満があれば転職をすることが重要です。

転職は自分自身のステップアップです。

転職を考えるべきタイミングは入社何年目か

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職は失敗することで、逆に賃金を下げてしまって後悔することになります。転職はキャリアアップや賃金アップを目指して、自分の人生をより豊かにする為に行うことが大切です。能力が高くて、他の社員よりも会社の業績アップに貢献しているのにも関わらず、賃金がアップされずに労働時間だけが増えていく場合は転職を考えることが大切です。

転職を考えるタイミングは入社5年目です。最低でも3年は勤めてから転職することが大切ですが、キャリアアップが見込めるのは5年が多いので実際に昇進してからどれだけ環境が変わるかを見てから転職するかどうか決めましょう。また、3年も勤めずに転職活動をしても協調性や忍耐力が乏しいと判断されて、書類選考で落選することが多くなります。労働時間や賃金の基準が低くても、最低3年は我慢して働くことが大切です。キャリアアップを実際に行う際には、上司と面談することになりますが、その時に賃金のアップについても交渉しましょう。自分の市場価値を算出して、それよりも大きく賃金が下回る場合は転職を志すことが大切です。他の企業であれば多くの賃金アップを見込める可能性もあり、生涯賃金が大きく変わることになります。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.