転職は自分自身のステップアップです。

賃金や労働時間に対して不満があって転職を志す場合は、まずは現状を改善する努力をすることが大切です。

転職は自分自身のステップアップです。

転職を決める前に現状を改善させる努力をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職理由がネガティブなものであれば、転職に苦労する可能性が高いです。面接では退職理由を必ず聞かれますが、その時に労働時間や賃金に関して触れることで採用してもらいにくくなります。嘘を伝えることで説得力が無い回答になってしまって、面接官としても内定を出していいかわからなくなって、その結果不合格になることがほとんどです。

待遇に不満があるのであれば、まずは現状を改善させる為の努力をすることが大切です。仕事内容やキャリアアップに関して問題が無いのであれば、賃金と労働時間の不満だけで退職してしまうのは自分にとっても損になります。改善出来れば転職する必要は無いので、まずは上司に掛け合ってみることが大切です。ただし、賃金の交渉をする場合は仕事以上の成果を挙げている必要があります。仕事をする対価として賃金を支払ってもらっているので、その賃金以上の成果を挙げていなければ交渉には応じてもらえません。自分が会社にとって必要な人材であれば賃金の交渉に応じてもらえる可能性もあります。それでも賃金を上げてもらえない場合は諦めて転職を決めましょう。自分が求める条件を厳しくすれば、それだけ転職先の企業は見つからないので、出来るだけ現在勤めている会社の環境を改善させることが大切です。
Copyright (C)2017転職は自分自身のステップアップです。.All rights reserved.